自然素材の家とは?魅力や費用など建てる前に押さえておきたい基礎知識を徹底解説!

この記事では、自然素材で建てられた住宅についてご紹介します。自然素材でできた家とは、木材を中心にできる限り化学物質を使用せず建てられた住宅を指します。憧れのマイホームには、自然素材をふんだんに使用して作られたお宅がおすすめです。では、自然素材の家にはどんな魅力があるのでしょうか。一般住宅との違いや建てる際に発生する費用などについて詳しく解説していきます。これから住宅を建てようとお考えの方必見です。

目次
  1. 自然素材の家とは?魅力や費用など建てる前に押さえておきたい基礎知識を徹底解説!
    1. そもそも自然素材の家に明確な定義はない!
    2. 自然素材の家はシックハウス症候群などの健康リスクを低減できる!
    3. 自然素材の家は過ごしやすい室内環境を実現できる
    4. 自然素材の家は耐久性が高いという魅力もある
    5. 自然素材の家に使われることが多い漆喰の特徴
    6. 自然素材の家を代表する素材のひとつ珪藻土の特徴
    7. 自然素材の家に使われる天然リノリウムとは?
    8. 自然素材の家に使用される無垢材のメリット・デメリット
    9. 自然素材の家を建てる上で知っておきたい木材の種類
    10. 自然素材の家ではどのような断熱材が使われる?
    11. 自然素材の家でよくある失敗・後悔とは?
    12. 自然素材の家でも様々なデザインの家が建てられる!
    13. 自然素材の家でも重要な防音対策について
    14. 自然素材の家の依頼先を選ぶ際のポイントとは?
    15. 「自然素材の家づくりと無垢材の活用」~健やかな暮らしに役立つ情報を紹介
    16. 自然素材の家の心地よさを引き立てるクロス選びのポイント
    17. 自然素材の家づくりと快適性を高める漆喰の活用法についての解説
    18. 自然素材の家に適した塗料の選び方とお役立ち情報
    19. 自然素材の家の外壁材は天然のレンガやタイルが最適

自然素材の家とは?魅力や費用など建てる前に押さえておきたい基礎知識を徹底解説!

自然素材の家には、一般の住宅よりも無垢材やコルク・和紙などが多く使われています。
自然素材の家を建てるメリットは2つあります。
1つは環境に配慮されていることです。
化学物資をできる限り使用しないため、地球環境に配慮したエコな家づくりができます。
もう1つは住む人にもやさしい快適な空間を設計できることです。
とくに、自然素材の家は湿度の管理や消臭効果にすぐれているようです。
デメリットとしては、一般の住宅よりも工期が長く、建築コストも高いことが挙げられます。
以上、自然素材の家を建てる際の基礎知識についてご紹介しました。
家づくりの参考にしてみてはいかがでしょうか。

そもそも自然素材の家に明確な定義はない!

自然素材の家はナチュラルで木の匂いがするような、まるで森の中にいるイメージですが、実は明確な定義は存在しないといえば驚きではないでしょうか。
自然素材の家はそもそも具体的にどういったもので作られているか、全体の何割の使用でそう名乗れるのかといった決まりがないです。
つまり自然素材の家はハウスメーカーや工務店の自称であって、素材の全てが天然由来というわけでもないです。
自然素材の家を購入したり建てたいのであれば、明確な定義がないことを念頭に置いた上で、自分が求める条件にマッチする不動産を購入するのが無難です。
あれこれ考えても明確な答えはありませんから、考え込むだけ無駄ですし、それなら自分がそう思える不動産を選ぶのが正解だといえます。
壁に珪藻土や漆喰を採用している住宅もありますが、これだけでも天然由来の自然の家と名乗ることが可能です。
大切なのは誰が何をいうのかではなく、自分にとってベストで納得できる住宅を手にすることが大事ではないでしょうか。

自然素材の家はシックハウス症候群などの健康リスクを低減できる!

自然素材の家には様々なメリットがありますが、代表的なメリットのひとつが身体に優しい家が実現できることです。
近年、住宅の高気密化などを背景に、建材などから発生する化学物質によるシックハウス症候群に悩まされている方が増えています。
主な原因物質としては、接着剤などに含まれるホルムアルデヒド、塗料用溶剤や希釈剤であるトルエンやキシレン、エチルベンゼンなどが挙げられます。
ホルムアルデヒドと有機リン系殺虫剤であるクロルピリホスに関しては、2003年の建築基準法改正に伴って使用が規制されましたが、それ以外の物質については規制されてはいません。
シックハウス症候群の症状は個人差が大きく、同じ環境で暮らしていても全く影響がない人もいますが、敏感に反応してしまう人もいます。
また、影響が少ない方であっても体内に化学物質が蓄積すると何らかのアレルギー疾患につながる恐れがありますが、自然素材の家に使われる素材は化学物質を発生させないためシックハウス症候群をはじめとした健康リスクを低減することが可能です。

自然素材の家は過ごしやすい室内環境を実現できる

自然素材の家は、シックハウス症候群などの原因となる化学物質が放出されないというメリットがありますが、過ごしやすい室内環境が実現できるのも魅力のひとつです。
自然素材の家に使われることが多い無垢材や珪藻土、漆喰といった素材は、天然の調湿作用を持っています。
湿度が高いときは湿気を吸収し、湿度が低いときは湿気を放出してくれるので、快適な湿度に保ちやすい上に結露やカビの発生を抑制する効果も期待できます。
調湿作用だけでなく脱臭・消臭効果を持つものや防音性が高いものもあるので、自然素材の家ではこれらの効果や機能によって快適に過ごすことが可能です。
加えて、無垢材は保温性や断熱性が高いため、床材に使用すれば冬場でも素足で過ごせます。
梅雨の時期も調湿効果により、床が湿気でベタベタせずサラサラとした質感が維持されます。
無垢材はリラックス効果も高いと言われているため、無垢材を採用した自然素材の家は快適な暮らしを実現してくれるでしょう。

自然素材の家は耐久性が高いという魅力もある

自然素材の家は独特の雰囲気を持っており、自然で快適な生活を送ることができるものと人気が高くなっていますが、それだけではなく耐久性が高いと言う魅力もあります。
一般的な住宅の場合には木材を必要な形状に加工し、これを組み合わせて使用するために場合によっては強度が低くなってしまうと言うことも少なくありません。
これを補うために様々な工法を用いることも多いのですが、自然素材の家の場合には天然の木材をそのままの形で利用するため、もっとも自然の強度の高い状態で使用することになり、様々な方面の力に耐えることができるのが特徴です。
自然素材の家はその組み合わせが難しく、様々な問題を生じることも多いものですが、現在のように耐久性が重要視される中では注目されるものとなっています。
このメリットを十分に意識した上で自分なりに効果的な住宅を建てることが良い方法となっており、自然素材の家のメリットを最大限に生かす方法でもあります。

自然素材の家に使われることが多い漆喰の特徴

自然素材の家では様々な素材が用いられますが、壁材として採用されることが多い素材のひとつが漆喰です。
主原料の消石灰(水酸化カルシウム)に水や糊などを加えることで作られた素材で、耐火性や耐久性に優れるため古くからお城や寺社仏閣などに活用されてきました。
また、湿度が高いときは水分を吸収し、湿度が低いときは水分を放出する調湿作用という性質を持つため、夏場の不快な湿度や冬場の乾燥を防いでくれるというメリットもあります。
その他にも、強いアルカリ性の素材なのでカビにくく、酸性のニオイを吸収・分解してくれる消臭効果が得られるのも魅力です。
このように漆喰は様々なメリットがある素材なので、自然素材の家に使われることが多いのですが、施工には手間と時間がかかります。
施工には養生・下塗り・仕上げといった工程が必要なので、一般的なビニールクロスと比べると割高で、工期も長くなります。
ひび割れが起こりやすいのもデメリットのひとつです。
ひび割れは上塗りを施すことで対処できますが、手間と時間がかかることを念頭に置いておく必要があります。

自然素材の家を代表する素材のひとつ珪藻土の特徴

自然素材の家を代表する素材といえば、無垢材と並んで珪藻土が代表的なもののひとつに挙げられるのではないでしょうか。
珪藻土は藻類に分類される珪藻の殻を原材料とするもので、室内の壁に用いられることが多く、自然素材の家でも定番となっています。
そのメリットとしては調湿機能を備えていることで、湿度が高い時は吸着、逆に乾燥すると放出して湿度を調整してくれます。
高湿や過乾燥を防ぐことができるものの、湿気が多い場合は吸着しきれず、部屋の湿度が上がるので注意です。
調湿機能はカビとカビが呼び込むダニを防ぐのに有効ですから、自然素材の家が健康的なイメージというのも頷けます。
もうひとつの機能は消臭も可能とする化学物質の吸着で、建材などから発生するいわゆるホルムアルデヒドも吸着するといわれています。
質感も魅力的ですが、実は色の選択肢が豊富で、自分好みに仕上げることができる点も見逃せないです。
おまけに火や熱に強くて万が一ヒビが入ってしまっても補修できたりと、長い目で見るとかなり魅力があるといえるのではないでしょうか。

自然素材の家に使われる天然リノリウムとは?

自然素材の良いところは健康に害を及ぼすような危険性のない素材だけを使用している点になるため、それのみを使用した注文住宅を依頼することができれば将来的にずっと安心した暮しが約束されることは確実です。
しかし、良く耳にすることがある天然リノリウムについて詳しく知っている方は意外と少ないのではないでしょうか。
そこで、一体どのような素材なのかについて正しく説明していくと、自然素材の家を完成させるためにはとても重要なポイントになってくるものだと言えます。
天然リノリウムとは、主原料に亜麻仁油と石灰岩、木粉に松脂やコルク粉などを使用しているのが特徴です。
更に、その中に天然色素などを混ぜて完成したものになるので、天然成分だけを使った身体に非常に優しい建材として大人気になっているのです。
基本的には主に床材として使用されることが多いですが、自然素材の家の注文が入った際には高確率で使用する素材でもあるので、これからのためにもある程度の特徴に関して詳しく知っておいた方が良いでしょう。

自然素材の家に使用される無垢材のメリット・デメリット

自然素材の家の定番を挙げるならやはり無垢材ですが、どういったメリットやデメリットがあるでしょうか。
無垢材は切り出した木材をほぼそのままの状態で使うもので、表面は塗装されることもありますが、大抵は木目や色味を活かす為にクリアを施す程度で済ませられます。
自然素材の家を追求する場合は塗装も行わず、オイルなどで表面を保護するに留まります。
メリットは木の地肌に触れることができたり感じ取れる点で、新しい木材であれば香りも楽しめます。
温度変化によって収縮するので、そこが生きていると感じさせますが、住宅という意味ではむしろ反りや隙間がデメリットになります。
手間暇を掛けて育てる楽しみがあるのは良いですが、逆に定期的にお手入れをしなければいけないのは手間です。
自然素材の家はこのように、良し悪しが表裏一体になっているので、見方によっては良く感じられる部分も見方が変わればデメリットに見えてくるのではないでしょうか。

自然素材の家を建てる上で知っておきたい木材の種類

"自然素材の家に住むことができれば、いつでもクリーンな空気の中で快適に過ごすことができるようになるのでおすすめです。
また、元々喘息を持っていたり、強いアレルギー反応を引き起こしてしまう可能性のある体質の方でも安心して暮らせるようになるため、ほとんどストレスなく住める環境が整うことも素晴らしいと言えるでしょう。
そんなメリットばかりが溢れている理想的な自然素材の家になりますが、その快適さを作り上げられている理由としては、使用している木材が大きく関係していることは言うまでもありません。
主に使用されている木材の種類について紹介していくと、一番多く採用されているのが無垢材になります。
多くの素材は人工的に作られたものが多いため、身体にとって良くない成分が含まれていることが多々あるのですが、無垢材にはそのような化学物質などが一切使用されていない天然素材になっているので、最も安全な種類として人気を得ているのです。

自然素材の家ではどのような断熱材が使われる?

アレルギー反応などを引き起こしやすい体質の方の場合、できるだけ身体に優しい自然素材の家を注文した方が良いことは確実です。
注文住宅を受け付けている工務店なら自然素材の家を気軽に依頼することができるので、興味があるのであればぜひ早めに頼んで取り組んでもらってはいかがでしょうか。
また、自然素材の家では一体どのような断熱材が多く使用されているのかと言うと、一般的にはエコを強く感じられる木質繊維断熱材である「EMセルロースファイバー」が多いようです。
セルロースは食べることもできる素材の一つで、古新聞やダンボールなどを細かく裁断して作られており、燃えにくい加工が施されているのが特徴になります。
そして、繊維一本一本にしっかりと空気を含むといった大きな特徴もあるので、高い断熱性や吸音性、吸放湿性も感じられる点が魅力になっているのです。
その他、保温効果が高い羊毛のウールブレス、炭化コルクなども使用されることがあるので知っておきましょう。

自然素材の家でよくある失敗・後悔とは?

化学物質を含んだ材料を使っていない自然素材の家は、シックハウス症候群を引き起こす心配もないため、大切な家族が暮らすうえで非常に安心できますが、いくつかのポイントを押さえておかなければ後悔することになってしまいます。
例えばよくある失敗として、家の全てに無垢材をはじめとする自然素材を使おうと思うと、かなりのお金がかかってしまうため、始めに考えていた予算よりも大幅にオーバーしてしまうということがあります。
自分が考えていた予算と照らし合わせて、どこまで自然素材の家づくりにこだわるかということをよく考えましょう。
また、自然素材の家は、四季によって変化が現れたりします。
湿度が高くなるとその分木が湿度を吸収して膨張したり、乾燥していると木が反り返ったり割れたりしてしまうことがあるため、手入れのしづらさを感じるというのもよくある失敗の一つです。
子どもが小さいうちは、子どもがおもちゃを床に落としたりして傷がつきやすいという場合もありますので、そういった点もよく理解したうえで選ぶようにしましょう。

自然素材の家でも様々なデザインの家が建てられる!

自然素材の家と言うと、ログハウスのような天然の木材を積み上げた住宅をイメージする人は少なくありません。
しかし、様々な組み合わせを効果的に行うことによって、いろいろなデザインの家を実現することができるので、住宅を購入する場合には候補の1つに考えることも良い方法となっています。
自然素材の家の特徴は木目や木の皮など、天然の風合いを表現することができる点にあります。
ログハウス等は丸太をそのまま積み上げることで自然の雰囲気を最大限に生かしたものとなっていますが、これは空間を効果的に利用した方法とは言えない面もあるのが難点です。
必要最低限の加工を施し、天然の不具合を生かしながら住み心地の良いものとすることも1つの方法であり、これでも天然の木材のメリットを存分に生かすことができます。
自分のアイディアと様々な工務店などの技術を上手に融合することで、個性的なデザインの家を作ることができるのが、天然素材の家づくりを行う上で魅力的なポイントとなっています。

自然素材の家でも重要な防音対策について

自然素材の家における防音対策では、建材がとても重要です。
建材に漆喰や土壁、コルク材などの天然由来の素材を使用していなければ、自然素材の家としての機能が低下してしまうでしょう。
防音効果のある建材を考えるうえでまず知っておくべきことは、微細な穴が開いている多孔質構造や厚みのある建材であれば防音効果が高くなるということです。
例えば漆喰は、消石灰を主原料とした塗り壁材です。
一般的な壁材であるビニールクロスよりも厚みがある分、高い防音効果を発揮します。
加えて多孔質な素材であり、遮音効果も期待できます。
また、天然コルクを使用した床材も防音性能アップに効果的です。
コルク材内部には、微細な気泡が多く含まれているため、子どもの足音などの生活音を吸収してくれます。
壁や床からの防音対策は大切ですが、音が漏れたり入ったりしやすい窓にも注目すべきです。
二重サッシを取り付け、窓の防音性能を向上することも検討しましょう。

自然素材の家の依頼先を選ぶ際のポイントとは?

自然素材の家の依頼先を選ぶ際には、木材などの自然素材の魅力を十分に理解している点を重視する必要があります。
自然素材は、木材をはじめ多くの種類が存在しています。
その魅力を深く理解し、自然素材の家を建てるときに活かすことができれば魅力的な家を購入することができるでしょう。
依頼するときには、この点の確認を行っておくと安心することができます。
また、自然素材の家の場合、費用もある程度かかってくることになります。
どこに費用が掛かっているのか細かく説明してくれる業者であれば不満を感じることはありません。
わかりやすく費用の説明を行ってもらえる点の確認を行っておきましょう。
対応が良い業者であれば、納得したうえで依頼することが可能になってきます。
自然素材の家を購入したいものの依頼先を選ぶ方法がわからないという悩みを感じている方は、これらの点にこだわってみるとよいです。
細かい点までこだわってみることで満足できるでしょう。

「自然素材の家づくりと無垢材の活用」~健やかな暮らしに役立つ情報を紹介

自然素材の家は、持続可能な暮らしを実現するための重要な選択となります。 肌に触れる素材が自然由来であることで、暮らし全体に温かみを感じることができますし、環境への配慮も可能となるのです。
自然素材の家においては、無垢材は特に重宝される材料です。 その理由は、無垢材が持つ独特の質感や、時間と共に変化し味わいを増すエイジング効果にあります。
さらに、調湿機能や体に優しい触感など、無垢材独特の魅力が健やかな室内環境を作り出します。
いつもの暮らしの中で自然と触れ合うことが多くなる自然素材の家は、ストレスを軽減し心を穏やかに保つ働きがあると言われています。
また、自然素材を使用することで、地球環境への影響を考えるきっかけにもなります。 自然と共生することを意識した家づくりは、未来を見据えたサステナブルなライフスタイルに不可欠な要素です。
このように、自然素材の家は健康面だけでなく、環境との調和も大切にしている現代にマッチした選択肢となっています。
これから自然素材を取り入れた家づくりをご検討される方は、このような多面的な利点をぜひ参考にしてみてください。

自然素材の家の心地よさを引き立てるクロス選びのポイント

自然素材の家での暮らしは、心地よさと健康を重視する方々にとって理想的な選択肢です。
壁面のクロス選びは、その理想をより一層高める要素の一つと言えます。 素材選びは室内環境に大きな影響を与えるため、慎重な検討が必要です。
自然素材の家では、呼吸するような壁が湿度を調整し空気を清潔に保つ役割を担っています。
自然素材の吸放湿性を損なわず、さらに室内の調和を考えたクロス選びが求められるのです。
統一感のあるインテリアと快適な室内空間を実現するために、まずは材質に注目しましょう。
天然素材から作られたクロスは、自然素材の家の特性と調和しやすく、また環境にも配慮しています。
例えば、木繊維や紙を使用した壁紙は、自然素材の家に暖かみと穏やかさを加えます。 さらに、染料や接着剤にも自然派のものを選ぶと、より安心です。
色や柄も大切なポイントです。 落ち着いた色合いや自然を思わせるデザインは、リラックス効果をもたらし、健やかな生活へと導きます。
壁面で使われるクロスは目にも触れるものなので、触感にもこだわりたいところです。 本物の素材や自然を模倣した風合いが、五感に訴える居心地の良さを演出します。
次に環境負荷を考え、リサイクルが可能かどうかや、耐久性があるかも確認しましょう。
長く使えるクロスは、経済的かつ地球に優しい選択肢と言えます。 自然素材の家に適したクロスを選ぶことで、その家らしい暮らしを満喫できます。
適切な選択を通じて、快適で健康的な住まいを実現しましょう。

自然素材の家づくりと快適性を高める漆喰の活用法についての解説

健康志向が高まる現代社会において、生活空間への注目が集まっています。 特に、自然素材の家は、その素材がもたらす心地良さや無害性から人気を博しており、多くの家族に選ばれている住まいの一つです。
自然素材の家の最大の魅力は、自然が持つ力を存分に活かす点にあります。 温湿度のコントロール、空気の浄化、そして心安らぐ住環境を提供することで、住む人々の健康を守ります。
そうした中で注目を浴びているのが漆喰です。 漆喰は自然素材の家で使用されることが多い内装材の一つで、その調湿性や消臭性、そして美しい仕上がりを住宅にもたらします。
壁材として使用されることが一般的な漆喰は、長い間日本の住宅に採用され、伝統的な快適さを今に伝えています。
漆喰の壁は、湿度が高いときには余分な湿気を吸い取り、空気が乾燥しているときにはその湿気を放出する性質を持っています。
これにより室内の湿度を一定に保ち、快適な住空間を維持することができます。 また、漆喰は呼吸をする壁材とも言われ、室内の空気を清潔に保つ作用もあります。
自然素材の家に漆喰を取り入れることで、健康的かつ持続可能な生活を支えることが可能です。
本記事では、漆喰を活用した自然素材の家づくりについて、具体的な利点や採用方法に焦点をあてて解説します。
これから自然素材の家を考えている方々や、リフォームを検討している方々にとって参考になる内容を提供しますので、快適で健康的な住まい作りの一助となれば幸いです。

自然素材の家に適した塗料の選び方とお役立ち情報

暮らしを豊かにする住まい選びは、快適な毎日を送るためにとても大切です。 環境に優しく健康にも配慮した自然素材の家は、多くの人々に注目されています。
特に、自然素材の家の魅力を長持ちさせるためには適切な塗料選びが重要です。 自然素材は呼吸をするように湿気を調節するため、化学物質が少なく透湿性が高い塗料が望ましいとされています。
化学物質を含まない塗料は、自然素材本来の風合いを損なわず、健康にも良いというメリットがあります。
さらに、塗り替えの頻度も考慮すれば、耐久性にも優れた塗料を選ぶことが求められるでしょう。
耐久性が高く、自然素材と相性の良い塗料は、長期的に見てコスト削減にも繋がります。
これらの要素を総合的に考慮し、家との調和を考えながら塗料を選ぶことが、自然素材の家を長く愛する秘訣と言えるでしょう。
生活の拠点となる家だからこそ、素材や塗料にこだわった家づくりを目指しましょう。

自然素材の家の外壁材は天然のレンガやタイルが最適

エコロジカルな暮らしを目指す方が増えている中、自然素材の家づくりに注目が集まっています。
自然素材の家は化学物質を少なくし、健康と環境に優しい住まいを実現させます。 特に外壁材には、見た目の美しさだけでなく、耐久性やメンテナンスのしやすさも重要な要素となります。
そこでオススメしたいのが、天然のレンガやタイルです。 レンガはその自然な質感と暖かみのある色合いが魅力的であり、家全体を上品かつ温かな雰囲気に包み込みます。
レンガの持つ自然な呼吸機能は、湿度の調節に役立ち、快適な室内環境を保つ助けとなります。
また、火災に強く、耐震性にも優れているため、安心して暮らせる家に仕上がります。 タイルを選ぶ際には、色や模様、質感の豊富さから、オリジナリティーを演出できるのもポイントです。
タイルの表面は滑らかで清潔感があり、メンテナンスもしやすいため長期にわたって美しい外観を保つことができます。
自然素材の家に合わせた種類のタイルを選ぶことで、外壁だけでなく家の周りの景観とも調和し、街並みを美しく彩ります。
自然に囲まれた環境での暮らしは、心身ともに豊かさを感じさせます。 自然素材の家の外壁材としてレンガやタイルを選ぶことで、持続可能な住環境の実現だけでなく、時間が経つにつれその価値が増していくことでしょう。
自然と人が共生する住まいづくりに、ぜひご検討ください。

自然素材の家に関する情報サイト
自然素材の家を建てよう!

この記事では、自然素材で建てられた住宅についてご紹介します。自然素材でできた家とは、木材を中心にできる限り化学物質を使用せず建てられた住宅を指します。憧れのマイホームには、自然素材をふんだんに使用して作られたお宅がおすすめです。では、自然素材の家にはどんな魅力があるのでしょうか。一般住宅との違いや建てる際に発生する費用などについて詳しく解説していきます。これから住宅を建てようとお考えの方必見です。

Search

更新情報