暮らす前に知っておきたい自然素材の家のメンテナンスについて

暮らす前に知っておきたい自然素材の家のメンテナンスについて

自然素材の家に憧れるけど、メンテナンスが大変なのではないかと考えている方が多いのではないでしょうか。
確かに自然素材の家の床材は定期的にお手入れが必要なので、手間もかかります。
しかし自然素材の住宅でなくても定期的にワックスがけや掃除が必要です。
したがって自然素材の家は一般的な家と比べてお手入れの方法が少し違うというだけなので、お手入れ方法を覚えればすごく大変だという感覚もなくなります。
具体的にどの部分のお手入れが必要なのかというと、無垢材や珪藻土、漆喰などが必要です。
無垢材はさまざまな木の種類がありますが、お手入れ方法は基本的に変わりません。
無垢材で気を付けるべき点は、水にぬらさないことです。
ワックスは年に1回で大丈夫ですが、自然素材用のミツバチワックスを使用するのをおすすめします。
珪藻土が汚れてしまったら消しゴムでこすることによって、汚れを落とすことができます。
漆喰に汚れがついてしまった場合は、サンドペーパーでこするとよく落ちます。

経年劣化が楽しめるのもメリットな自然素材の家

化学物質を含まない天然素材である自然素材を、住宅用資材として建てたのが自然素材の家です。
自然素材の家と言っても明確な定義はなく、無垢材や珪藻土や漆喰やコルク材やセルロースファイバーや天然リノリウムなどの素材を使った家を指します。
化学物質が原因でアレルギーや体の不具合を発生させるシックハウス症候群や、化学過敏症候群などの心配を軽減させることが出来ると多くの人達から高く評価されています。
天然の素材を使用することで、体や環境に優しい家づくりが出来ることも人気を集める理由となっています。
また自然素材の家を選ぶ人の中には、経年劣化も楽しめるという点をメリットとして挙げる人も多くいます。
天然の素材をそのまま使用することが多く、素材が持つ風合いや色は年月が経つと劣化が進みます。
しかし劣化を味が出ると捉えて大切にメンテナンスをしながら使い続けることで、快適な暮らしを手に入れることが出来ます。
自然素材の家に興味を持った人は、信頼出来る会社を見つけてまずは相談してはいかがですか。

自然素材の家に関する情報サイト
自然素材の家を建てよう!

この記事では、自然素材で建てられた住宅についてご紹介します。自然素材でできた家とは、木材を中心にできる限り化学物質を使用せず建てられた住宅を指します。憧れのマイホームには、自然素材をふんだんに使用して作られたお宅がおすすめです。では、自然素材の家にはどんな魅力があるのでしょうか。一般住宅との違いや建てる際に発生する費用などについて詳しく解説していきます。これから住宅を建てようとお考えの方必見です。

Search