自然素材の家の費用は一般的な住宅よりも高い?

自然素材の家の費用は一般的な住宅よりも高い?

自然素材の家を建てるか検討する場合、気になるのは費用が一般的な住宅よりも高くなるかどうかではないでしょうか。
結論からいえばやはり自然素材の家は高いというのが答えで、その理由はいくつか挙げることができます。
理由の1つは無垢材や珪藻土のように、コストが高い資材がたくさん使われることにあります。
無垢材は合板などと違って丸太から切り出したものですから、フローリングの板1枚でも合板のフローリングに比べて単価が高めの傾向です。
珪藻土は施工に手間が掛かりますから、その点も自然素材の家の価格を押し上げる要因になっています。
誰でも簡単に施工というわけにはいかず、技術と経験を持つ職人でなければ綺麗に仕上げるのは難しいので、自然素材の家が一般的な住宅より高くなるのは当然です。
しかし素材にこだわって建てられる住宅は、無機質ではなくぬくもりや優しさを感じさせますし、快適かつ健康的に過ごせてリラックスもできるなど、費用に見合うメリットが得られるのではないでしょうか。

自然素材の家を安く建てるための方法について

天然木などを使った自然素材の家は、集積材のボードを使うのよりも一般的に費用が高くなります。
そんな天然木などの自然素材の家を使っているにも関わらず、安く建てる方法が幾つかあります。
何故天然木が高くなるのかというと、仕入れ値が高いだけでなく、加工するのに技術がいるからです。
そんな天然木を使って安く建てたいなら、無垢材の家を過去に沢山建てた実績のある工務店に頼むのが一番です。
無垢材を取扱っている工務店の場合は、木材を格安で買えるタイミングや取扱店とのコネクションもあります。
そういった経験から、無垢材を格安で仕入れて貰えます。
さらに加工しにくい無垢材を短時間で加工したり、組み立てるスキルも蓄積されてます。
それ以外にもコストを下げる方法があって、出来るだけ少ない材料で建てるために、建物の構造を出来る限りシンプルにして材料の使用量を抑える方法です。
シンプルな家ならば、使われている無垢材の使用量を抑えられて、工期も短く済むため格安で建てることが可能です。

自然素材の家に関する情報サイト
自然素材の家を建てよう!

この記事では、自然素材で建てられた住宅についてご紹介します。自然素材でできた家とは、木材を中心にできる限り化学物質を使用せず建てられた住宅を指します。憧れのマイホームには、自然素材をふんだんに使用して作られたお宅がおすすめです。では、自然素材の家にはどんな魅力があるのでしょうか。一般住宅との違いや建てる際に発生する費用などについて詳しく解説していきます。これから住宅を建てようとお考えの方必見です。

Search